外壁塗装インフォメーション

東京などの都市圏ほど外壁塗装が重要な理由 2016/10/08

shutterstock_118089631

交通量が多く、排ガスが多い都市圏ほど外壁の塗装が重要

家を建ててしばらくしてくると外壁が汚れたり錆びたりすることがあります。また塗装が剥げてしまったり、亀裂が生じたりすることもあります。こうなってくると外観が悪くなり、見た目の面でも問題が出てきます。また家の寿命を縮める原因にもなってしまいます。しかしこういった経年劣化は日本全国で当然起こるのですが、中でも東京などの都市圏ほど劣化の進みが激しいことを御存じでしょうか。よく家を建てたばかりのときは劣化について、全く関心がないものです。しかし、いざ外壁が汚れたり亀裂が出たりといった劣化の兆候が表れてくると慌ててしまうものです。どんな家でも外壁の劣化は進んでいきますし、東京などの家の場合は一層そういったことに対して注意をしなければなりません。ではどうして都市圏ほど外壁の劣化が激しいのでしょうか。
都市部は地方に比べて断然、車の通りが多いものです。車が多く走っているとそれだけ排気ガスも地方に比べて多くなります。この排気ガスは家の外壁を汚す大きな原因となっています。外を歩いていると排気ガスの存在には気づかないものですが、実際には外壁などを汚してしまっているのです。その汚れも毎日蓄積していき、汚れがどんどんひどくなってしまいます。そうなると外壁の汚れも除去できなくなってきますので、いずれ塗装を行って、きれいな状態にしなければなりません。またそのまま放置していると家自体が劣化していき寿命が短くなってしまいます。
こういった理由から都市圏の方が外壁の塗装が重要になってくるのです。排気ガスの他にもほこりや雨といったものが原因で外壁にダメージが加わってしまいます。これらは地方でもあることですが、都市部ではそれに加えて過剰な排気ガスがあるため、相乗効果で劣化が早まってきます。東京などの都市圏に住んでいる方は外壁の塗装に関して関心を向けなければなりません。

shutterstock_443525485

外壁塗装によって得られる効果

車による排気ガスは予想外に家の外壁を汚してしまうものです。またそれ以外でもほこりなどによって汚れが付着し一層汚れがついて取れにくくなってしまいます。汚れがついた場合にはクリーナーを使って汚れを除去すればいいと思うかもしれません。しかしながら、昨日や今日、付着した汚れ程度であればクリーナーなどによって汚れを落としてしまうことはできるかもしれません。しかし長年かけて何層にもなった汚れというものは、簡単に落ちるものではありません。また汚れを取ろうとしても逆に外壁に傷をつけてしまい、その傷の部分に新たに傷が入り込み、どんどん外壁を劣化させてしまうことにもなりかねません。長年にわたって付着した汚れというものは、そう簡単に取れるものではないのです。また外壁が変色をして見た目が悪くなることもあるのです。こんな時には余計なことをせずに外壁の塗装の会社に依頼した方が安心なのです。
外壁の塗装は新たに塗装を行うというものですが、これについては様々なメリットがあります。また実際に行ってみるとわかりますが、まるで新居のような輝きを取り戻すことができ、ピカピカになった家を見ると、とても嬉しくなりますし、塗装をしてよかったと思うことでしょう。では外壁塗装はどういった効果が得られるものなのでしょうか。
まずは、塗装を行うことによって断熱効果が得られるという点です。夏は涼しくなりますし、冬は屋内が温かくなります。屋内が快適になりますし、また冷暖房費の節約にもつながります。さらに防水効果も得られます。雨や雪などによって水が外壁に付着しますが、これによって外壁がどんどん劣化していきます。それを塗装によって防御することができますし、防水効果で外壁の劣化を防ぐことも可能です。また耐久性も得ることができ、様々なダメージから壁を保護することができるのです。単に周囲が美しくなるというだけではなく、壁自体を保護するので、寿命をさらに延ばすことができるのです。

shutterstock_243817939

東京の外壁塗装の基本的な相場っていくらくらい?

東京では車の通りが多いので、それだけ排気ガスが多くなり、家の外壁を汚しやすくなります。そのため劣化が早まり、外壁塗装を行って壁を劣化から守っていかなければなりません。しかしどのくらい費用がかかるのかわからないものです。都市圏と地方では、地域性で費用が変わるというよりは、外壁に使用する材質や外壁の坪数、また会社の選択によって大きく異なってくるものなのです。そのため、今後塗装を行うときのために費用に関して知識を得ておくといいでしょう。
費用の面で大きく変動するのは家の坪数です。またこれに併せて使用する塗料によっても変動していきます。例えばアクリル系の塗料はリーズナブルですが、光触媒塗料になると高額になります。また坪数が大きくなっていくにつれて費用も大きくなっていきます。この2つの項目がまずは費用の大小にかかわってきます。
この次に大きく関わってくるのが会社選びです。塗装外壁を行う会社によって、大きく費用は変わってくるものです。例えば大手のメーカーに依頼をすると実際には下請けが工事を行うため、中間マージンが多く発生してしまいます。そうなると費用も大きくなってしまいます。また一見費用が安く思われる会社でも実際には多く取りすぎていたということもあります。相場を確認するためにはできる限り多くの会社に見積もりを依頼することが大切です。

全国100者から一括見積もり依頼可能!