外壁塗装インフォメーション

後悔しないためのサイディング選び 2016/10/05

shutterstock_348227708

そもそもサイディングっていったい何?

家庭の外壁をリフォームする場合にモルタルで塗装を行うことがありますが、この他にサイディングを使用することがあります。これはリフォームで使用する外壁材の事で、最近の住宅では主流です。またサイディングの種類は1つだけではなく、住宅の外壁に適したものが複数あり、それぞれに特徴があります。またメリットとデメリットもあり、さらに価格や耐久年数なども異なります。
素材については、窯業系や金属系、樹脂系や木質系などがあります。この中でも多く使用されているのは窯業系ですが、デザインや色なども豊富で耐久年数も長いことなどが特徴です。それぞれの素材については、住宅によって選択が変わります。例えば金属系はスチールやアルミニウムなどを原材料としてますが、クールな質感を持っています。金属系をリフォームで使用することで、よりおしゃれな雰囲気の家にしたい場合には金属系が適しています。また木の風合いが魅力の木質系は、自然の持つ雰囲気を取り入れたい場合には他の素材に比べて適しているでしょう。つまり、それぞれ特徴によって選択が変わってくるのです。
サイディングは材料調達や安く、加工が簡単という特長があります。またリフォームに時間がかからないという利点もあります。そのため工事を短期間に抑えることができる点も見逃せません。工事自体に時間があまりかからないので、時間的な負担をかけることなくリフォームを手軽に行えるメリットも持っています。工事によるご近所への迷惑が気になる場合でも、比較的短期間で工事を終了させることができるので安心です。

shutterstock_263438537

窒業系サイディングの特徴・メリットとは?

外壁素材の中でも7割を占めていると言われるほど、多くの外壁に使用されているのが窯業系です。これには理由があって、他の素材に比べて様々な点でバランスが取れており、施工主にとっても非常に魅力を感じる素材だからでしょう。この素材の主原料はセメント質と繊維質の原料となっており、それを成形して形を作っています。成形された素材を施工に使用していきますが、工期が短くて済むので早めに工事を終了させたいと思っている家のオーナーにとっては嬉しいものです。実際に外壁の工事を行う場合には、主流の素材となっています。
素材の特徴としては触った感じもしっかりとしており、耐久性があります。最近のものでは雨水でも汚れが落ちるという便利な物や、再塗装をするまでの期間が長いというメリットを持つものも登場してきています。またデザインに関しても実にさまざまあり、オーナーの好みに合ったものを見つけやすい点も魅力です。窯業系の素材に関しては触った時に白い粉が付着することがありますが、この状態になったらリフォームをしなければなりません。またシーリングを施した部分がはがれていたりすると、同様にリフォームが必要になります。

shutterstock_346142198

金属系サイディングの特徴・メリットとは?

サイディングの素材というと金属はイメージできないという方も結構いますが、実際には金属系の素材もあり、質感がとても良くおしゃれな雰囲気を持っているものです。金属系の素材は成形された金属板と裏打材でできています。裏打に使われている素材は断熱材です。そのため金属系を外壁に使用した家は内部の熱を外に逃がしにくいため、室内が暖かくなるという大きなメリットを持っています。これは冬場の暖房を多く使用する時期に光熱費を抑えることができます。
また断熱効果に優れているだけではなく、防音性と耐久性にも優れています。室内の音が外部に漏れるのを避けたい方、また外部の音が大きく聞こえてくるのが嫌だという方にはぴったりの素材です。さらに素材自体が軽量で扱いがとても簡単で耐久性と耐水性の面でもメリットがある点も見逃せません。サイディングの工事を行う場合には耐久性が気になるものですが、耐久性と耐水性に優れている金属系なら比較的長く使用できるのでコストを抑えることができます。
金属系のサイディングは1種類だけではなく、スチール系、アルミ系、ステンレス系の3種類に分類されます。金属系を知るためにはそれぞれの特徴を理解しておかなければなりません。まずスチール系ですが、耐久性があります。風が強い地域では特に重宝され、また雨の強い地域にも最適な素材です。耐久性を持っていると同時にデザイン性もあるので、見た目にこだわる家の場合スチール製はベストな選択でしょう。ただ耐久年数が10年未満なため、個人差はありますが、そのくらいの年数での塗り替えが必要になります。
アルミ系はスチール製の欠点を補っており、錆びにくく、見た目がすっきりとしている点がメリットとして挙げられます。またステンレス系は高価なのがデメリットですが、耐久性という点では他の素材よりもいい点が大きなメリットです。見た目のクールな感じを好む方はアルミ系はきっと好まれることでしょう。

全国100者から一括見積もり依頼可能!