外壁塗装インフォメーション

外壁工事の基本&依頼する際の注意点 2016/09/22

shutterstock_416496544

なぜ外壁塗装が必要なの?

家を購入したばかりのときは新品で家のどの部分もピカピカしているものです。しかし年月が経過していくにつれて次第に外部からの汚れが付着していきます。また汚れだけではなく、外壁に関しては変色やくすみが生じることがあります。これは汚れが付着しているだけではなく、劣化をしていることで起こることもあります。さらにひびができたり白い粉が手に付着したりすることがます。このような状態になった時には劣化がある程度進行しているということで、外壁工事を行わなければなりません。そのまま放置している方もいますが、劣化が進行して後悔する前に早めに対策することが大切です。
外壁が劣化していくと変色やひびなどができてしまいますが、見た目だけの問題が生じるのではありません。外壁工事を行わないと後になって補修がより一層大がかりに必要になってくることがあるのです。早い段階で塗装を行えばその後に補修をしなくてもよかったのに、放置をしていたので劣化が加速度的に進行してしまい、結果として塗装を行う前に補修をしなければならなかったということになります。その場合より一層高い費用がかかってしまいます。外壁に関しては早い段階で外壁工事を行っておけば補修が必要になったりするのを防ぐことができます。外壁は水分や湿気に弱いものですが、塗装は防水性や防腐性に優れています。塗装を行うことによって防水性を高め、防腐効果を得ることができます。外壁をガードすることで外壁を傷みから保護するほか、雨漏りなどを防ぐためには外壁塗装が必要なのです。
また汚れやひびができた外壁は目立つものです。家自体があか抜けない、不衛生な感じがする、暗い印象を与えるなど見た目とイメージで問題が生じてしまいます。外観の美しさを維持するためにも塗装は行った方が望ましいのです。ただそのためには費用がかかりますし、次回のメンテナンスまでの期間も気になります。定期的に行わなければならないことではありますが、誰もが費用の面で心配をすることでしょう。

shutterstock_234192958

外壁塗装の種類ごとの補修期間

外壁塗装は一度行えばずっと永久に再度行う必要がないということではありません。定期的なメンテナンスが必要になります。しかしそれを定期的に行っておくことによって屋内の断熱効果を維持していくことができますし、外壁を雨や雪、ほこりや排気ガスから保護することができます。さらに美しい外観を維持することもできます。家も定期的にメンテナンスを行っていつまでも安心して暮らしていけるようにしていく必要があります。そのために外壁塗装はしなければならないものです。塗装を行うことでどの程度耐久性を維持していくことができるのかについてですが、これは使用する塗料の種類によって大きく異なります。今後塗装を行う時のために塗料の種類や性質について知っておくようにしましょう。ここで主な塗料の特徴について説明します。
塗料の中でも最もリーズナブルなのがアクリル系塗料です。耐久年数は4年となっており、定期的なメンテナンスが必要になってきますが、価格をとりあえず抑えたいという方には向いています。アクリル系の次にリーズナブルなのがウレタン系塗料です。アクリル系よりも少し耐久年数が長いですが、それでも6年程度となっており、定期的なメンテナンスを行わなければなりません。ウレタンやアクリルのように安いけど耐久年数が低いのは避けたいという方にお勧めなのがシリコン系塗料です。耐久年数が13年と長くなっており、このタイプが今の主流となっています。価格もウレタンタイプとあまり変わらないため、コストパフォーマンスも良くバランスが取れた塗料と言われています。
シリコン系が最もバランスのいいタイプですが、これ以外にもさらに高いタイプがあります。フッ素系塗料は耐久年数が18年程度となっていますが、シリコン系より高価なのがデメリットに見えます。しかし1年あたりで計算をすると価格は安くなります。シリコン系の塗料でもいいという方はフッ素系よりもこのタイプを長い目で見るとお勧めです。このように様々な塗料があり、価格も耐久年数も異なっています。一概に安ければいいというわけではなく、高い塗料は1年あたりのコストが安い点ではメリットがあると言えます。

shutterstock_395363374

外壁塗装の塗料は家を傷める可能性がある?

外壁を劣化から保護するためには定期的に塗料を塗ってメンテナンスを行う必要がありますが、塗料自体はメンテナンスの度に塗っても大丈夫なのかと疑問に思う方もいると思います。塗料自体は外壁に定期的に塗っていくことで保護するという目的では何の問題もないですし、きちんと行っていく方がその後のためにも望ましいと言えます。それよりも塗料によっては耐久性が低いので、むしろメンテナンスの時期ごとにきちんと塗料を外壁に塗らないことの方が問題になります。外壁が傷んできて補修をしなければならないという事態に将来的になることも考えられます。外壁の塗装に関しては塗料の選択によって外壁を保護することができる期間が異なりますので、その点を考えなければなりません。
外壁用の塗料には、よく使われているウレタン系やシリコン系の他にも、耐久性が高いフッ素塗料や美しさが長持ちする光触媒塗料など様々な種類があります。高耐久なものほど値段が高いのですが、その分、先々の塗り替えの回数を減らせます。あまり何度もメンテナンスを行うのが面倒であるとか、メンテナンスの時期を忘れてしまい外壁が傷んでくるという場合には耐久年数の長いタイプを選択しておいた方がいいでしょう。費用よりも総合的に考えて決定することが大切です。

全国100者から一括見積もり依頼可能!