外壁塗装インフォメーション

東京都内で人気の外壁塗装とは 2016/08/26

shutterstock_101457976

■汚れに強い外壁塗装
東京に住んでいる方はオシャレで、家の中だけでなく外観にもこだわる方が多いのではないでしょうか。雨だれの跡や苔、藻やサビなどで汚れてしまった外壁は、やはり見た目に美しいとは言えません。またせっかく東京という一等地に住宅を構えたのですから、より長く快適に住める建物にしたいと考える方も多いでしょう。そのため、汚れに強い外壁塗装に人気が集まっています。
汚れに強い外壁塗装の塗料とは、要するに耐用年数の高い塗料のことです。汚れが付きにくく、浮きや剥がれが起きにくい10年以上の耐用年数を持つシリコン系やフッ素系以上の塗料が選ばれることが多いようです。
また、やや値段は張りますが、汚れにくさを売りにした塗料が各メーカーからいくつも出ており、注目を集めています。
●セルフクリーニング機能を持った塗料
親水性の高い低汚染性塗料を壁に塗ることで、汚れを壁に密着させずに浮かせたままにしておくことができます。浮いている汚れは雨によって流されるため、キレイな状態を長持ちさせることができます。
●エコ効果の高い光触媒塗料
塗料に太陽光が当たることによって汚れが浮き上がり、雨で洗い流すことができるという次世代塗料です。自然の力で汚れを落とすだけでなく、住宅1軒につきポプラの木15本分の空気清浄効果を持つという環境に優しい塗料と言えます。
また、汚れが目立ちにくい色を塗るというアイデアもあります。グレーやアイボリー、ベージュ系の塗料なら汚れが目立ちにくいでしょう。逆に汚れが目立ちやすい白や黒、また色褪せが起こりやすい赤などは避けた方が無難です。家の雰囲気に合わせて選んでください。


shutterstock_199733510

■遮熱効果のある塗装
緑の少ない東京では、剥き出しの住宅が太陽光を真正面から浴び続けることも少なくありません。太陽光の紫外線は、外壁の劣化を早めてしまう原因になります。また壁が温まることで、室内の温度をどんどん上昇させてしまいます。夏の強力な日差しによって室温が上がり、クーラーをフル稼働させるお宅も少なくないでしょう。そのため、「建物を守る」「温度変化を抑える」という2つの観点から遮熱効果のある塗料を選ぶ人も増えています。
遮熱塗料は、近赤外線を反射し、外壁の表面温度を下げる効果があります。すると室内温度が約2度下がるため、体感として過ごしやすくなるでしょう。また、エアコンの電力消費量が7%減ったというデータもあります。節約やエコにも繋がる、まさに省エネ塗料と言えるでしょう。
ウレタン系やシリコン系、フッ素系に比べるとやや値が張りますが、その分耐用年数も高い点が特徴になります。塗装後は約18年性能がキープできるとされているので、光熱費の節約と合わせて総合的に安くあがるという考え方もできます。
各メーカーの遮熱塗料の種類としては、外壁に塗装する種類や、屋根に塗装するタイプなどが人気があります。
ちなみに、遮熱塗料が特に効果を発揮するのは、日当りが良い家はもちろん3階建ての家や2世帯住宅などの2階にリビングがある家など「暑くなりやすい家」と言われています。


shutterstock_258717695

■防カビに特化した外壁塗装
黒っぽい汚れが壁面一面に…実はこれ、単純な汚れではなくカビです。一度外壁にカビが発生してしまうと、自力ではなかなか落とすことができません。大きなビルなどで日陰になってしまうことも多い東京では、カビや藻の対策も命題と言えるでしょう。そのため、特に湿気の多い場所などの住宅で防カビ効果に特化した外壁塗装が人気です。
実は、通常の塗料でもある程度の防カビ効果はあります。それは塗料に含まれている添加物(防腐剤など)がカビの発生を抑えるからです。しかしカビには何百種もの種類があり、湿気の多い場所などでは通常の塗料では太刀打ちできないこともあります。防カビに特化した塗料とは、カビを死滅させて発生を抑える防カビ剤を通常の塗料に添加している塗料のことです。対応するカビの種類は、メーカーによって差があるのでよく確認すると良いでしょう。
大抵の外壁に塗ることができるので、住宅だけでなく飲食店や工場、オフィスや学校にも使用されています。防カビ効果のある外壁にすることでキレイな外観を保つことができ、建物を長持ちさせることができるでしょう。
ちなみに塗料の種類によっては、自分の好きな塗料に混ぜて使うことができるタイプもあり、遮熱塗料や防水塗料と合わせてより多くの効果を期待して使う方も多いようです。
防カビの塗料に含まれている防カビ剤の状態には、液体タイプと粉体タイプがあり、粉体タイプのものがじわじわと溶け出してくるので効果の持続性が期待できます。
カビは見た目に悪いだけでなく、建物自体の腐食を進めたり、人体の健康に害を与えたりと、様々な悪影響があります。塗装の段階で防ぐことが出来るメリットを考えてちょっと塗料のグレードをあげて防カビ効果をプラスする方が多いです。

全国100者から一括見積もり依頼可能!