外壁塗装インフォメーション

塗装工事見積時の注意点、見積前に聞いておくこと確認しておくこと 2016/06/16

7-2

塗装工事 見積りは慎重に

外壁や屋根などの塗装工事というのは、大きな金額がかかります。さらに、屋根や高いところの塗装や素材の劣化は普段あまり目に付かず、見ようと思ってもすぐにチェックできるところではありません。これでは、どれくらい修復の必要性があるのかが家主にも分かりません。そのため、業者の言うことを鵜呑みにして従っていては、それが適正価格であるかどうかが分からないままで高い費用を払うことになってしまうかもしれません。外壁や屋根の塗装や工事業者に悪い業者がいるのもそのためです。素人目にはなかなか劣化の具合が分からないため、家主の不安を煽り、高い値段や必要のない工事まで押し付けます。こうした悪い手口に引っかからないためには、業者1社のみの見積りで済まさずに、優良で公平な比較サイトなどで見積もりを取ってみることが必要です。特に飛び込みの訪問販売業者などでは、屋根の上に上がって自分で瓦を割ったり、ありもしない修理箇所を増やしたりといったことまであるため、簡単に住宅を調べさせるのもリスクとなります。また、キャンペーンを謳い、特別な値引きなどを売り込むこともありますが、破格な値引きの裏には他の費用への上乗せという誤魔化しがあるかもしれません。きちんとした業者を選べるかどうかで、その仕上がり、掛かるコストなどの優劣に関わるため、業者選びは自分の納得のいくまで行いましょう。それには見積りについての知識をもって分からないことや疑問点を工事契約前に明らかにすることが大切です。

外壁工事 見積りの詳細

外壁塗装 見積りですが、一般的に塗装工事の基本は、簡単に言うと「準備」「本工事」「後片付け」の3段階で成り立っています。そこで、それぞれにかかる費用をしっかりと確認することが重要になります。まず準備の段階は「仮設工事」と言い、足場を組んだり、エアコンの室外機やアンテナなどを移動したりして、塗装しやすくするための準備です。内容としては、高所作業用の足場、近隣の建物を汚さないためのシート掛けや養生、エアコンの移動に必要な工事があります。ベランダや駐車場の屋根などを足場設置のために移動することもあり、足場費用は特に大きくなるのが特徴です。しかし、悪意のある業者の場合には、足場費用を「無料サービス」として謳っているケースもあります。その場合、他の費用が他業者へ見積もりをした時よりも割高となっているかもしれませんので、確実にチェックをしておきましょう。本工事の内容は多岐に渡り、高圧洗浄、塗装、防水工事などが挙げられます。まず高圧洗浄の段階では綺麗に塗装が乗るように高圧洗浄機で汚れを落とします。重要な工程ですが、これを省く業者もあるため注意しなければなりません。次に下地調整ですが、前の塗装を落として新しい塗装の乗りを良くします。もし見積りに書かれていない場合、これが含まれているかをきちんと確認することが大切です。そして塗装に入ります。外壁塗装の基本は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の三段階。なかでも「下塗り」はその後の塗装をうまくフィットさせるための重要なものです。塗装材の種類、商品名も確認しましょう。破風塗装・軒天塗装・雨どいの修繕なども、見積りに書かれていない場合は含まれているかどうか確認してください。防水工事に関してはベランダなどの防水、サッシ周りなどのシーリングなどを行います。防水は見積り表で見るとたくさんの層になっているため、構造上のどこまでを直すかによって大きく費用が変わる点に注意しましょう。最後に後片付けですが、これは準備で使用した足場などの撤去、外した設備機器の取り付けなどです。これらの費用は「準備」の項目に含まれることも一般的なので気になれば確認してみてください。

外壁塗装・屋根塗装 見積りの注意点

外壁塗装や屋根塗装の見積りでは、特に塗料の種類に注意をすることが必要です。まず外壁塗装の見積りですが、外壁に使われる塗料はさまざまなものがありますが、基本的には「アクリル樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッ素樹脂塗料」などとなっています。フッ素は耐用年数が長いものの非常に高価です。この点は塗料を替えた時の費用の比較などを行ってくれる業者ですと、選択肢が広がり他社との比較もしやすくなります。次に屋根塗装の見積りですが、外壁よりも塗料の種類は少ないです。「アクリル樹脂塗料」「ウレタン樹脂塗料」「シリコン樹脂塗料」「フッ素樹脂塗料」などが使われていますが、他はあまりありません。塗り替えの範囲は外壁よりも狭いので比較的安価です。しかし、屋根の塗装時に修理箇所が見つかるなどで見積りよりも費用が掛かる場合もあります。塗装工事の見積りでは、細かく内訳を記載してあるものやざっくりと「一式」という形での提示になっているものなど、形式がさまざまです。そのため内訳がないものに関しては、しっかりと内容を把握して自分の必要な作業が含まれているかを知ることが必要となります。塗装前の高圧洗浄は費用としては高くないものですが、これを行わない業者もあります。仕上がりにも大きく影響するものですから、その有無を確認しなければいけません。

全国100者から一括見積もり依頼可能!