屋根塗装・リフォームのノウハウ

屋根塗装は住宅の「皮膚」

屋根塗装は「外観の美しさの維持」「防水機能の維持」など、住宅の機能保持のために必要で、人間に例えると「皮膚」のようなものです。紫外線など過酷な状況にさらされる屋根は、定期的に塗り替えることでリスクを避けることができます。塗り替え工事の金額は、住居や塗料によって差が出ますので、なるべく多くの業者に見積もりを依頼しましょう。
外壁塗装一括見積り.comでは、無料にて優良な業者に一括見積もりが可能。お問い合わせはお気軽に。

屋根の劣化は見えにくいので要注意

屋根塗装も外壁塗装と同様に、「外観の美しさの維持」「防水機能の維持」などといった機能保持のために必要な工事です。
通常、屋根は外壁と同じ時期に塗装されていますが、外壁と比べて、目に入りにくく、劣化が分かりにくい場合が多いです。しかし、紫外線や熱、風雨を直接受けるため、劣化には十分注意する必要があります。長年にわたって放置しておくと漏水や雨漏りが生じて、住居の構造自体にダメージを与えることにもなりかねません。
ですから、住居を長持ちさせるためにも、屋根の塗り替え・屋根リフォームを適切なタイミングで行うことが大切です。一般に、外壁塗装が必要な時期は、屋根も再塗装するタイミングと考えても間違いありません。
一緒に工事することによって、足場設置代や作業代も別々に依頼するよりかなり費用の節約になります。

屋根塗装の塗り替え時期はいつ頃が目安?

塗装の塗り替えは、外壁の場合は10年前後が目安とされており、屋根塗装もそれに合わせて行うのが一番効率的ですが、屋根の場合は紫外線など過酷な状況にさらされていますので、塗料の種類によってはもっと早い時期に塗り替えが必要になってきます。
チェックすべき項目としては、塗膜のツヤが落ちる、変色する、壁にチョークのような細かな粉がふく、塗膜が剥がれて素地が見える、カビ・苔が生えてくる、などです。
これらの該当箇所が全体に及んでいるのか、部分的な所なのかなどチェックし、全体的に広がっている場合や当該個所が相当悪化している場合には、早めに塗り替えを検討する必要があるでしょう。

塗装リフォームをする前に注意すること

リフォーム前に注意

屋根塗装を含め、屋根のリフォームには「塗り替え(塗装)」「重ねぶき(カバー工法)」「ふき替え」の3種類があります。
「ふき替え」は15年~20年がリフォームのサイクルです。「塗り替え」は屋根材に塗料を塗布する工事で、屋根の下地がほとんど傷んでいない場合に行います。
塗り替え可能な屋根材はセメント瓦、スレート系、金属系です。日本瓦の場合は塗り替えはしません。
塗料の種類は、外壁の場合と同様にアクリル樹脂系やフッ素樹脂系など様々な種類があります。耐用年数はアクリル系で5年~8年、シリコン系で8年~15年などと、それぞれ耐用年数や価格が違ってきます。
外壁の塗り替え時期と合わせるためにも、外壁の塗料と同じグレードにすることが重要です。
最近では、光熱費を抑える断熱塗料も開発されていますので、検討してみる価値があります。

全国100者から一括見積もり依頼可能!