外壁塗装のノウハウ

住宅を彩って守る外壁塗装

私たちの生活の一番の基盤である住居。新しかった住居も年月を経るとともにさまざまな不具合が生じてきます。
なかでも、日差し、雨、風にさらされる外壁は汚れや劣化が進み、場合によっては雨漏りなど住環境に大きな影響がでてきます。
こうしたことを防ぐためには、適切な時期に外壁塗装のメンテナンスが必要になってきます。「やすらぎ」や「明日への活力」が生まれる場所でもある住宅を彩り、そして守る外壁塗装について情報を見てみましょう。

外壁塗装の役割ー外観維持と防水機能ー

外壁塗装のノウハウ

1.外観の美しさを維持する

“住まいの顔”といわれる外壁の美しさは、周囲の住環境の美観保持にとっても重要なばかりでなく、その住居の資産価値にも影響します。
外壁の塗装が汚れたり、剥げたり、カビが生じたりしないよう、メンテナンスに心掛けたいものです。

2.防水機能を維持する

外壁は長期間、放置していると塗膜の劣化やひび割れなどによって、建物内部への湿気や水分が入り込み、防水性が失われてきます。
柱や土台など住居の構造部分までトラブルになると、ひび割れ補修や外壁材料の取り換えなど大掛かりな外壁リフォームが必要になる場合もあります。
こうした事態にならないためにも、外壁塗装が必要となってきます。

そのほか、外壁塗装には、防火性・断熱性、耐震性の向上をもたらし、住居の寿命延長に貢献するという効果もあります。

塗装の塗り替え時期はいつ頃が目安?

一般に、外壁は「モルタル」(セメントと砂を適量ずつ混ぜ,水を加えて練り上げたもの)と「サイディング」(板状の外壁材)が知られています。
塗り替えのタイミングは、それぞれの種類や環境によって異なりますが、目安として、モルタルとサイディングは10年前後とされています。サイディング自体の交換は25~30年、継ぎ目のシーリングの交換は5年~10年おきの打ち直しが目安となるでしょう。
ただ外壁の劣化は環境によって大きく違ってきますので、劣化のサインを的確に把握することが大切です。外壁の劣化のサインとして、ツヤが落ちる、変色する、壁にチョークのような細かな粉がふく、塗膜の剥がれ、カビ・苔が生えてくる、金属系サイディングなどで反りがでている、などの症状があります。これらの状態を放置しておくと、
ひび割れとなって外壁の防水機能が失われてきますので、塗り替えを考えましょう。

塗装リフォームをする前に注意すること

リフォーム前に注意

外壁の塗り替えを決断したら、次のような点に留意して進める必要があります。
まず、塗装の種類の選択です。塗装にはアクリル樹脂系やフッ素樹脂系など様々な種類があり、それぞれ耐用年数や価格が違ってきます。周期的な外壁塗装が必要ですので、長期的観点から選択することが重要です。
また、住居の印象を左右する色選びも大切です。選んだ色がイメージとは全然違った、周辺の環境にマッチしていない、など後々後悔しないよう色選びは慎重にしましょう。10年に1回あるかどうかの工事ですので、信頼できる業者さんとしっかり相談するようにしましょう。
ある程度の外壁塗装リフォームの考えが決まったら、業者を決めなければなりません。塗り替え工事は、お客様の住居によって見積もりは違ってきますし、材料や工法の設定によっても費用は違ってきます。ですからなるべく多くの業者に見積もりを取るようにしましょう。
外壁塗装一括見積り.comでは、無料にて優良な業者から最大5社の見積もりを依頼することができます。お気軽にお問い合わせください。

全国100者から一括見積もり依頼可能!