塗装屋さんとの工事の契約について

工事契約は書面を取り交わしましょう

塗装業者の選定を済ましたら、工事の完成を約束する「工事請負契約」を結んでください。その際、必ず「書面」で契約しましょう。書面に残すことで、万が一トラブルが起こったときにも、スムーズに処理が進みます。こうした「契約書」は、お客様と塗装屋さんとの約束事を法的に守るものです。ささいな外壁塗装工事であっても、しっかりと書面にして取り交わしてください。
ある調査によると、小工事を中心に全体の 30%は、口約束のみで工事請負契約書を交わさずに発注しているという報告があります。工事を安心して任せるためにも、口約束ではなく、事前に「工事請負契約」「請負契約約款」「請負代金内訳書」などを受け取ることを強くおすすめします。

工事請負契約書とは

工事請負契約書

「工事請負契約書」とは、外壁塗装工事に関わる約束事の契約書です。工事内容、施工場所、工期、支払金額、支払条件、履行延滞違約金などの基本的な内容を取り決めた書類です。

請負契約約款とは

請負契約約款

「請負契約約款」とは、工事請負契約書を補足するもので、工期・代金の変更、損害の負担や算出方法、耐用年数などの保証、紛争の解決方法など、工事中に起こりうる様々なトラブルの解決方法等を詳細に文書にしたものです。

請負代金内訳書とは

請負代金内訳書

見積書の内容を詳細化した書類です。工事の区分ごとに使用する材料の書類、型番、名称、メーカー名、数量、単価、金額などを記載して工事の内容を確定します。
塗装業者ごとに、独自に作成した請負契約書と契約約款の書式(用紙)で契約書を用意する場合がほとんどです。その際には、契約内容、約款内容に不利な条項がないか契約内容を確認してください。
不明点やご相談があれば、いつでも外壁塗装一括見積.comにご連絡くださいませ。

全国100者から一括見積もり依頼可能!