外壁やタイルの色選びのノウハウ

意外と難しい住居の塗り替えの色選び

住居の外壁・屋根の塗り替え、外壁タイルなどの張り替えの時、どんな色を選ぶかを考えるのはとても楽しいものです。
しかし、実際は費用や周囲の景観など様々な観点が必要となる難しい問題です。出来上がってみたら「イメージしていた色と違う」、
「もっと明るい色が良かった」、「派手すぎ、周囲と溶け込んでいない」などの失敗談を耳にすることもあるでしょう。
後々後悔しないよう、色選びには塗装業者とよく相談しながら、慎重に選ぶことが大切です。

周囲の環境を見てから色を選びましょう

塗装の色選びをする時、ほとんどの人は塗装業者が持っている色見本帳を見られると思います。この見本帳は日本塗装工業会発行のもので、色相別にトーン配列してあり、同一色相でトーン差を利用した配色に便利なものです。
しかし、この中にはファッションカラーなど彩度・明度の高い色もあり、外壁・屋根にふさわしくない色も多く含まれています。またサンプルカラーと実際の塗装では見え方が違います。

例えば外壁は面積比で数百倍以上になってしまうので、カラーサンプルのまま塗ってしまうと「明るすぎる」「イメージより派手になった」などの不満になってしまいます。ですから、見本帳のサンプルカラーだけから選択しないように気をつけなければいけません。色は晴れの日と曇りの日では見え方が異なりますし、周囲の環境によっても、その色が調和しているかどうかが違ってきます。

色選びには見本帳を参考にしながら、必ずご自身で買い物や通勤途中で気にいった色の家の外壁・屋根の色を探すなり、周囲との環境に配慮した色を考えながら、業者と相談しながら慎重に選びましょう。

塗装・タイルの色はこうして選びましょう

基本の色を決めたら他の部分に塗る色も考えましょう

塗る面積が一番多い基本となる色を決めたら、その他の部分の色も決めていきます。基本的には同系色とすると一番落ち
着きます。もっと個性を出したいとお考えの場合は、例えば同系色で塗装した1階部分と2階部分の間に全く別の色を
塗ってアクセントを付ける方法もあります。

使用する色は2~3色程度が落ち着きます

同系色であっても、多くの色を使用してしまうと落ち着きがないイメージになってしまいます。一般に一番広い外壁に1色塗れば、例えば雨樋・雨戸に1色、あるいは軒天に1色と、合計2~3色にすると落ち着きがあるようです。

最近ではツートンカラーの配色が多くなっています

ツートンカラーを採用した外壁塗装には、調和のとれた配色が求められます。同一色相の色の組み合わせで統一感のある調和した配色が得られます。また同一トーンの配色は彩度が共通なので、異なる色相の組み合わせでも統一感がある調和したイメージになります。配色の対比が強すぎたりする場合は、接する部分にセパレーションカラーを用いることもあります。
同一トーンで色相も近い配色の場合などにもセパレーションカラーを入れると締まった感じになります。

外壁には低彩度の色を選びましょう

とくに住宅街では、周囲の環境を乱さないための配慮が必要で、外壁の色は低彩度の配色が中心となります。高い彩度だと、
住居の落ち着きがなくなり、騒色となって周囲の環境となじみません。低彩度の色は優しい感じとなり、高級感が得られます。

色は肌の色の明るさを基準にしましょう

外壁が明るすぎると落ち着きがなくなり、周囲の環境から浮いて見えることもあります。逆に暗すぎる色だと周囲に威圧感をあたえることもあります。最適な明るさを考える時は、肌の色を基準にするとよいでしょう。

汚れが目立たない落ち着いた色を選びましょう

一般的に、白や黒は汚れが目立ちやすい色です。また鮮やかな色の塗料は色あせや変色しやすいので、色選びには落ち着いた色が無難です。

外壁と屋根とのバランスを考えた色にしましょう

外壁の色を選ぶ時は、屋根の色とのバランスも大切です。屋根と同時に塗装する場合は、屋根塗料は彩度の関係で見本帳より明るめの仕上がりになることが多いので、渋めの色を選ぶ方が安定感、重量感が生まれ、落ち着いた雰囲気になります。

周囲の街並みとの調和を考慮しましょう

建物の色調は周囲の街並みに大きく影響します。できるだけ周囲の街並みに溶け込むような配慮が求められます。
新しい外壁の色で、街並みがさらに環境にマッチし、美しくなるようイメージして色を選びましょう。

色のイメージ効果

色によって、人が描く心理的な効果や、イメージは異なってきます。一般的なイメージを以下に示します。

  • 純粋かつ清潔なイメージがあります。白は熱を反射させ、光の反射で見た目が明るくなります。
  • 情熱的でアグレッシブな気持ちにさせます。赤茶色系はストレスを和らげる効果があるとされています。
  • ブルースカイ、真っ青な海を連想させ、穏やかで清潔感を感じさせます。
  • 爽やかなイメージがあり、陽気でポジティブな色です。
  • 空と草原の緑、遥か彼方にある山々を連想させます。穏やかで落ち着いた色といえるでしょう。
  • 神秘的、幻想的なイメージで、優雅でシックな高級感を連想させます。
    その他の色も沢山ありますが、こうした一般的なイメージを考えながら基本となる色を選ぶとよいでしょう。

全国100者から一括見積もり依頼可能!