外壁塗り替え時のチェックポイント

失敗しないための塗装のチェックポイント

常に紫外線や風雨、排気ガスといった過酷な環境にさらされている住居の外壁や屋根。年月とともに劣化していき、ひどくなると屋根からの雨漏りや建物の防水性が失われてしまい、大掛かりな修理が必要となりかねません。そのため、適切な時期に住居の外壁や屋根の塗り替えを行うことが大切になります。ここでは塗り替えを行う際のチェックポイントとして、塗り替え時期のタイミング、どのような塗料を使えばよいか、信頼のおける業者はどのように選んだらよいか、について解説します。

塗り替え時期のタイミング

一般的に、外壁塗装の塗り替えは 10 年前後といわれています。しかし外壁材や塗料の種類、周囲環境がそれぞれの住宅によって違いますので、住居の外壁状況をしっかりと把握しておかなければいけません。

まず塗装の劣化状況の把握を!

年月とともに塗装は、まず塗膜の汚れがでてきます。次に変色・退色し、そして壁全体にチョークのような細かい粉がふくチョーキングが見られるようになります。
さらに塗膜のひび割れ、モルタル・レンガの表面に白い粉状の物質が付着する エフロレッセンスがみられるようになると、1つの塗り替えの目安となります。

屋根も同様に劣化状況の把握を!

屋根の場合は、屋根材料によっては塗り替えが不要なものもありますが、塗装の塗り替えはおおよそ 10 年前後で、劣化の症状も外壁と同じようにチェックしましょう。
新築してから 20 年~25 年頃には全面補修(ふき替え)が必要とされています。

劣化を放置すると水漏れや修理が必要に!

こうした症状をそのままにしておくと、塗膜の浮きや剥離、さらに下塗り・素材の露出といった危険な状態となり、素材・建材自体が劣化し割れたりして漏水となってしまいます。
塗膜だけ劣化していれば塗り替えで済みますが、素材や建材までも劣化すると修理が必要になってきます。定期的に外壁をチェックし、素材・建材の劣化以前に塗り替えをするようにすることが大切です。

塗料の選び方

外壁・屋根の塗装に使用される塗料は、価格の低い順に、
「アクリル樹脂塗料」(耐用年数 5~8 年)
「ウレタン樹脂塗料」(同 8~10 年)
「シリコン樹脂塗料」(同 8~15 年)
「フッ素樹脂塗料」(同 15~20 年)
が主なものです。そのほか「断熱塗料」、「光触媒塗料」も発売されています。

耐用年数の長い塗料を選ぶのがベター!

みて分かる通り、安価なものほど耐用年数が少ないです。
塗装の塗り替え工事は塗料代に加え、足場代と人件費がかかりますので、長いスパンで考えると、できるだけ耐用年数が長い塗料を選ぶのがよいでしょう。
フッ素樹脂塗料は主にビルに使用されていますので、現在の主流はシリコン樹脂塗料となっています。

塗料の色は 2~3 色に!

塗料の色の選択に際しては、サンプルだけで決めるのではなく、必ず他の住居を見て気に入った色を業者さんに伝えるなど相談することが大切です。
使用する色は 2~3 色にとどめ、周囲の街並みとの調和に考慮しましょう。

塗装業者の選び方

数社から見積もりを取るのが原則!

数社から見積もりを取るのが原則!

ある程度の外壁塗装リフォームの考えが決まったら、業者を決めなければなりません。
塗り替え工事は、お客様の住居や塗料、工法の設定によっても費用は違ってきます。ですから必ず数社から見積もりを取るようにしましょう。

また単に見積もりが安いという理由だけで決めてはいけません。業者の施工実績がどれだけあるかも重要です。また費用に含まれる内容もしっかり比較しましょう。

見積もり内容をしっかりとチェック!

その内容では、①各社とも塗料が同じランクのものか、②塗装が 3 度塗りになっているか、③ケレンが見積もり項目に入っているか、④塗装面積・塗装個所が記入されているかなどをチェックしましょう。

全国100者から一括見積もり依頼可能!