塗装の種類・特徴

外壁・屋根の塗料の選び方

外壁や屋根の塗装工事の中でも、どの塗料を選ぶかは大変重要です。多くのメーカーによってさまざまな塗料が販売されていますが、商品によって塗料代や耐用年数が大きく異なっており、どれを選ぶのがよいのか一般の人にはなかなか分からないのが現状です。ここでは、塗料の種類、塗料の特徴、塗り替えの費用についてご説明しています。

4種類の主要塗料

4種類の主要塗料

塗装は主に出回っているものでは「アクリル樹脂塗料」、「ウレタン樹脂塗料」、「シリコン樹脂塗料」、「フッ素樹脂塗料」の4種類があります。その他、遮熱塗料や光触媒塗料などもあります。それぞれの塗料に「水性タイプ」と「溶剤タイプ」(油性・シンナー系)があります。また水性タイプは1液型で、そのまま使用可能です。溶剤タイプは1液型と2液型があります。

水性タイプは安価で臭いがほとんどしないのが特徴です。一方の溶剤タイプは耐久性に優れている、雨水に強い、密着性が高い、高価格である、臭気が強い、などの特徴があります。溶液タイプでも2液型溶剤タイプのものが耐久性・密着性に優れています。最近では水性タイプでも溶剤タイプのものと引けを取らないほど性能が向上しています。また溶剤タイプも弱溶剤タイプが開発され臭気が少なく環境に優しい塗料となっています。

塗料の特徴

アクリル樹脂塗料

外壁の塗り替えに使用する塗料の中で一番安価な塗料です。高温での変色に強く、光沢保守性・保色性が高く、電気絶縁性です。モルタル外壁や不燃材サイディング外壁に適しており、よく使用されています。ただ直射日光や紫外線に弱く、耐用年数も5年~8年と短いのがデメリットです。

ウレタン樹脂塗料

外壁の木製、モルタル、不燃材サイディング、金属サイディングなどあらゆる外壁塗料として広く使用されています。直射日光や紫外線にも強く耐水性、耐油性にも優れています。鋼材・アルミ・モルタル・コンクリートなどにも塗装可能で、木部との相性が良いのが特徴です。ただ防汚性に劣るのがデメリットです。耐用年数は7年~10年です。

シリコン樹脂塗料

塗装膜の表面がガラス質であるため光沢があります。また塗装表面が硬く、塗装膜の膨れや剥がれが少ないです。防水性、防汚性にも優れており、きれいな状態を長期間維持できます。高品質なうえ、価格がリーゾナブルなので外壁・屋根塗装を行う上で、かなり経済的な塗料といえるでしょう。耐用年数は8年~15年です。

フッ素樹脂塗料

外壁塗り替え用塗料としては一番高価な塗料です。一般住宅向けではなく、ビルやマンションなどの長期間塗り替え工事をしない建物で使用されているケースが多いです。光沢感があり、防汚性・耐久性とも最高の機能をもっています。耐用年数は12年~15年です。

塗り替えの費用

塗り替えの費用

外壁・屋根の塗り替え費用は、塗料代の他に「足場代」と「人件費」がかかります。この費用はどの塗料を使っても概ね同額です。ですから価格が安いアクリル樹脂塗装した場合でも、耐用年数が5年~8年ですので、20年、30年先のことを考えると、塗り替え費用は他のものより高くなってしまいます。塗り替えをする時は、こうした長期的な視点で塗料を選びたいものです。一般的には、多くの業者さんはウレタン樹脂やシリコン樹脂の塗料を推奨しています。最近では、この2つの塗料の価格差は縮まってきているので、シリコン樹脂塗料がバランス的には優れているといえるでしょう。外壁塗装一括見積.comでは、住居塗り替えの様々なお悩みにお応えいたします。お問い合わせはお気軽に。

全国100者から一括見積もり依頼可能!