外壁塗装よくある質問

よくある質問

外壁塗装についてのよくある質問をまとめましたので、ご参考にしてください。
そのほかの疑問や不明な点がありましたら、こちらにお問合せください。

見積もりは無料ですか? 見積もり後にキャンセルしてもいいのですか?

もちろん、無料で一括見積もりの対応をしております。比較検討のためにも数
社から見積もりされることをお勧めしますが、外壁塗装一括見積.comでは最大 5社まで可能です。業者には匿名で連絡し、お断りの連絡も外壁塗装一括見積.comが代行しますのでご心配は無用です。

塗装工事が終わるまでにどの位の日数がかかりますか?

一般的な住宅の外壁・屋根の場合、10~14 日程度が目安となります。ただ工事中の天候や塗装プランの内容によって多少前後することがございます。雨の日は工事ができませんが、工事が延びたからといって費用が高くなることはありません。

サイディングも塗り替えが必要ですか?

現在、多くの住宅で使用されているデザイン系のサイディングボードも塗り替えは必要になります。ボード自体が約 8 割を占めるセメントを主成分としており、セメントは水をはじく機能がなく、塗膜が劣化し水分が入り込んだり、割れや反りなどの症状がでてくるからです。

工事中は立ち合いが必要ですか? 留守にできますか?

屋外の外装工事であれば大丈夫です。窓の開閉等は制限されますが、基本的には普段通りの生活をしていただけます。不在中は戸締りをしっかりと忘れずにしてください。お家の回りに仮設足場等を設置するので、基本的には洗濯物は室内に干していただくことになります。

塗装工事を行うのに、都合の悪い季節はあるのですか?

工事はほぼ一年中可能です。ただ雨の降りやすい時期や冬場は乾燥に時間がかかる場合が多いため、多少工期が長くなることがあります。品質には問題はございません。

外壁に細かな亀裂が沢山できています。塗装したら直るのでしょうか?

こういった細かな亀裂やひび割れの場合は、フィラーという下地材料を使います。フィラーは壁材等の細かなひび割れを埋めたり、表面を滑らかにするものです。

塗り替えには、どんな塗料がよいのでしょうか?

塗料の種類によって住居の寿命が大きく変わってきます。基本的には耐久性のある高品質の塗料を選ぶようにしましょう。高品質な塗料は高額ですが、劣化しにくく、耐用年数が長いのが特徴です。ですから長期的にみると安価で耐用年数の短い塗料よりも、むしろ低コストになる場合があります。

塗料には水系塗料と溶剤系塗料があると聞きますが、違いは何でしょう?

両者に性能的な違いはありません。溶剤系塗料はシンナーで希釈しますので、臭いがあります。その点、水系塗料は水で希釈するので、臭いという問題は大幅に軽減されます。

塗装は 3 度塗るのが鉄則と言われていますが、どうしてですか?

3 度塗ることによって、塗装の耐久性や持久力を保つことができるからです。最初の下塗りは外壁を強化し、塗料をつきやすくするためで、次に中塗りします。最後の上塗りで外壁の保護の役割を果たします。ですから工事は必ず 3 度塗りにするようにしましょう。

遮熱塗料という宣伝をみたことがありますが、どういった塗料ですか?

これは、塗るだけで屋根や外壁面の太陽熱を反射させ、表面温度を下げる機能を持った塗料です。あるデータでは夏場の直射日光の際に、屋根表面温度を最大 20℃低減し、室内温度を 3℃下がる効果があるとしています。しっかりした断熱材があれば効果が上がります。しかし、冬場の保温効果はありません。

全国100者から一括見積もり依頼可能!